診てもらいにきたよこどもたちの明るい声が聞こえる歯医者さん

おこさまの成長に合わせた虫歯予防について

0~1歳の虫歯予防

生後6ヶ月を過ぎると乳歯が生えはじめます。最初に出てくる前歯は、ガーゼなどで拭く程度で大丈夫。1歳頃から歯ブラシを使いますが、離乳食から幼児食の時期の赤ちゃんの場合は、上の前歯に虫歯ができやすいので特に注意してください。
 

2~4歳の虫歯予防

2歳過ぎに一番奥の乳歯(第二乳臼歯)が生えてくると、かみ合わせの部分と歯と歯の間(隣接面)の虫歯予防が大切です。虫歯のできやすいところを正しく理解し、しっかりと時間をかけてブラッシングをしてください。
 

5~10歳の虫歯予防

6歳臼歯(第一大臼歯)の虫歯予防には、本人や家族、歯科医師と歯科衛生士の協力が不可欠。とてもみがきにくい歯なので、毎日のブラッシングで必ず保護者が仕上げみがきを行ない、デンタルフロスの併用ですみずみまでキレイにしてあげましょう。

谷山にあるたんぽぽこども歯科です!!

たんぽぽこども歯科の治療内容

小児歯科

小児歯科

小児歯科とは、こどもを対象とした歯や歯ぐきの治療・予防・矯正までを含めた診療を意味します。小児歯科の最大の目的は「よく噛める永久歯をつくること」。ただし、○歳まで、という決まりはありません。保護者の方がこどもと一緒に診察されることもありますので、永久歯の治療にも遠慮なくおいでください。

障害者歯科

障害者歯科

障がいにもさまざまなタイプがあり、知的障がいを持つ方でもその人によって理解度が異なります。まずは歯科医で「何をやるか」をしっかり伝えます。理解のレベルに応じて、治療を受けられるようトレーニングを実施。こちらの言っていることを理解できれば、笑気ガスも有効です。それでも抵抗が激しかったり、心臓疾患などの病気を抱えていたりして、当院では安全な治療ができないと判断したら、紹介状を作成して大学病院での診療をオススメすることになります。

小児矯正

小児矯正

こどもの矯正は、乳歯の段階から取りかかることが可能です。取りかかるタイミングは、不正咬合の要因によっても変わりますが、受け口や反対咬合で見られる下顎前突(下の前歯が上の前歯より前に出て、かみ合わせがわるい)はなるべく早めに治療をはじめましょう。

院長紹介

たんぽぽこども歯科院長

小児歯科医としてやりがいを感じるのは、治療が終わった後のこどもたちの笑顔を見られたとき。こどもたちや保護者の方のがんばりを感じると、うれしくなるんです。そして私も皆さんに負けないくらいがんばろう、と気持ちを新たにできる瞬間でもあります。
これからも、こどもたちの笑顔のために真摯に向き合っていきますので、どうぞ安心してご相談ください。

アクセス

施設名 たんぽぽこども歯科
住所 〒891-0116 鹿児島県鹿児島市上福元町5879−8
電話番号 通話料無料 0800-200-5288
携帯の方はこちら 099-284-5288
診療時間 9:00〜12:30 14:00〜18:30
休診日 木曜午後・日・祝

お子様の気持ちを考えて診断しています 治療に慣れるために診療のトレーニングも行います 笑気吸入鎮静法って ラバーダム防湿法って 保護者様に伝えたいこと 定期検診について たんぽぽこども歯科ブログ 日本障害者歯科学会 日本障害者歯科学会 全国小児歯科開業医会 シンケンスタイル