診てもらいにきたよこどもたちの明るい声が聞こえる歯医者さん

こどもの歯科検診

歯科医療は、「治療から予防へ」と変化しています。こどもの歯は虫歯になりやすく、その進行も早いもの。歯科検診を定期的に受けることで、保護者では見つけられない初期の虫歯や不正咬合などをいち早く発見できます。定期検診で歯医者さんに慣れていると治療にもスムーズに入れます。また歯に対しての意識が高まるなどのメリットもあります。

歯科検診は何歳から?

1歳児歯科検診が歯科の定期検診始める良い機会でしょう。もちろん、0歳時でも何か気になられる事があれば、ご連絡ください。1歳児検診のあとは、個人個人のお口の状況に合わせて、1か月から6か月毎に定期検診を行っていきます。こどもは日々、成長・発達の変化があるので、定期的な歯科健診はより良い永久歯列の完成のため、重要です。

歯科検診では何を診るの?

歯科検診では何を診るの?

虫歯、歯周の疾患、不正咬合を主にチェックします。歯やお口の健康状態だけでなく、日常に食べたり飲んだりしているもの、誰が与えているのかなど、生活習慣や環境も確認。虫歯が見つかったときには、そういった生活のどこに問題があるかを探り、改善することで予防につなげていきます。

お子様の気持ちを考えて診断しています 治療に慣れるために診療のトレーニングも行います 笑気吸入鎮静法って ラバーダム防湿法って 保護者様に伝えたいこと 定期検診について たんぽぽこども歯科ブログ 日本障害者歯科学会 日本障害者歯科学会 全国小児歯科開業医会 シンケンスタイル