診てもらいにきたよこどもたちの明るい声が聞こえる歯医者さん

矯正歯科

かみ合わせのわるさや凸凹の歯並びを、総称して「不正咬合」といいます。不正咬合は咀嚼器官の健全な成長・発達を妨げるだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼし、ときには心理的なコンプレックスを招くことも。矯正歯科治療とは、不正咬合をキレイな歯並びやよいかみ合わせにして、健康な身体と心をつくるための歯科治療です。
こどもの矯正は、症状によっては乳歯の段階から取りかかることが可能です。取りかかるタイミングは、不正咬合の症状や要因によっても違います。
おしゃぶりや指しゃぶり、口呼吸、舌や唇のクセが不正咬合を引き起こすこともあり、こどものかみ合わせや歯並び、口元のクセが気になったら、ご遠慮なく、ご相談ください。

どんな不正咬合があるの?

 

下顎前突

下の歯が上の歯より前に出ている状態です。反対咬合、うけ口とも言われます。

叢生 (そうせい)

 あごの大きさと歯の大きさが調和せず凸凹に生えたり、重なって生えている状態。八重歯のことです。

上顎前突

 上の前歯や歯列全体が前に突き出て、いわゆる出っ歯になっている状態。指しゃぶりが原因になることもあります。

開咬

あごを閉じてかみ合わせても、上下の歯にすき間ができてかみ合いません。舌や唇のクセが原因になることもあります。

過蓋咬合

下の前歯が上の前歯に深く覆われている状態です。

こどものときに矯正するメリットは?

乳歯から永久歯への生え変わりといった成長・発育期を有効的に利用できるという利点があります。小児の時期から、定期的に歯科検診を行なっていれば、適切な時期に適切な処置を行うことができ、不正咬合の芽を早めに摘み取り、よりよい歯並び、かみ合わせにすることができます。たんぽぽこども歯科に定期的に通って、”よい歯でよく噛み、よい身体!”

お子様の気持ちを考えて診断しています 治療に慣れるために診療のトレーニングも行います 笑気吸入鎮静法って ラバーダム防湿法って 保護者様に伝えたいこと 定期検診について たんぽぽこども歯科ブログ 日本障害者歯科学会 日本障害者歯科学会 全国小児歯科開業医会 シンケンスタイル